ケミレスセミナー報告の最終回です。

 

財団法人東京顕微鏡院 技術参与の 瀬戸博さんのお話は、シックハウスについての話す。

 

平成15年7月、建築基準法に基づくシックハウス対策に係る法令が施行されました。しかし、法令施行後もシックハウス症候群と見られる症状を訴える人々は減っていないそうです。

 それななぜなのでしょうか?

 現在、建築材料や家具、ファブリックに使われている化学物質は300種類以上といわれていますが、使用が規制された物質はわずか2種類(ホルムアルデヒドとクロルピリホス)のみ、ガイドラインの設定された物質を合わせても13物質のみという状態です。

言い換えれば、それ以外の化学物質はいくらでも使えるといくこと・・・。

現に、北海道紋別市小向小学校で発生したシックスクールの事例では、ガイドラインの設定されている化学物質は指針値以下であったにもかかわらず、規制されていない化学物質が高濃度に検出され、その化学物質によりシックスクールが引き起こされました。

※体調不良を訴えた人数:全児童17人中10人、教職員9人中3人

また、大阪大学でも同じような問題が起きました。

 e382bbe3839fe3838ae383bce794bbe5838f

シックハウス症候群の発症には個人差があり、例え同じ環境で生活していても、すべての人が発症するとは限らないそうです。ただ、汚染された室内に長時間留まる生活スタイルの人や、体の小さな子供などは発症リスクが増加するそうです。よって、国や自治体によっては、子供に対する濃度基準を1/2にしているところもあるそうです。

このようなお話を聞いていると、子供達の健康を考え、幼稚園や学校のリフォームに抗酸化リバース工法を取り入れたい、という方が増えているのもうなずけます。

その他、アセトアルデヒドやシックハウスの原因として注目されている未規制化学物質の話、天然成分由来のアルデヒド類の問題、シックハウスかも知れない!と思ったとき、誰でも簡単に空気測定ができるキットの開発についての話などをされていました。

 

シックハウスを無くしたいと考え行動している身としては、もう少しつっこんだ内容の話をして欲しかったのですが、様々な業界の参加者がいたことを考えると、致し方ないのかなとも思います。

なんにせよ、いつまでも健康で、安心して生活できる住環境を欲する人々がたくさんいることを再確認できたセミナーではありました。

次回からは、シックハウスや化学物質についてのお話しをしたいと思います。