e8baabe4bd93e381aee5a4a7e3818de38195e6af94e8bc831

 

上図のように、身体の大きさと化学物質の許容量は比例することもあると考えられています。

人の場合でも、同量の化学物質を摂取し続けると、シックハウス症候群などの悪影響は子供から出始めることが多いといわれています。

※「カテゴリー」→「ケミレス」→「ケミレスセミナー③」の、小向小学校で発生したシックスクールの事例をご参照下さい。

 

 

家庭で飼われているペットの大半は、人間よりも小さな身体をしています。ここから推察されるように、シックハウスによる室内汚染の影響、農薬・添加物・保存料等の影響を受けやすいのは、身体の小さなペットたちとも考えられます特に、一日の大半を室内で過ごすペットの場合には、早急に対策を立てる必要があります。

 

付け加えると、ペットが化学物質などの影響を受けにくい環境というのは、人間にとっても安全な環境といえます。主婦の皆さんや小さな子供にとっても大きなメリットとなります。