Monthly Archives: 4月 2011

こんにちは。地震もなかなか落ち着きませんが、桜もいきなり満開になりかなり過ごしやすい季節になってきましたね。

私の周りではぼちぼち食品の調達も出来るようになってきましたが、これを機会に自分で作れる物はやってみようと思いました。

先ずは、簡単そうな納豆です。

水に一昼夜つけ置きします。もちろんテラペールcimg2322

圧力鍋で10分程煮てから熱いうちに納豆菌(ハンズやネットで購入できます。)をふりかけかき混ぜます。

保温のために使い捨てカイロを貼って、バスタオルで巻いて2日間放置すると出来上がりです。

cimg2325

かなり簡単にできました。

こんかいは少し固めだったので、もう少し良く煮た方が良さそうです。

昨日、セミナーを聞いてきました。

内容はかなりシリアスでしたが、先ずは簡単にできることからかと。

最近注目されている本で秋月辰一郎(あきつきたついちろう)著『死の同心円』に関係した話でした。(売り切れになってます。)

この方は長崎原発の爆心地から1.4kmの所にあった病院の先生でそこにいた人は全員生き延びたと言う事だそうです。

その著書のなかに玄米と味噌、塩は体内に入った放射性物質を体外に出す働きがあるそうです。

ただ、それぞれ科学的に作られた物ではなく、ミネラルたっぷりの塩やきちんと発酵した味噌、とくに玄米は発芽状態にある物が良いそうです。

発芽玄米は少々値が張りますが、12時間以上良い水につけておくことで解消されるそうです。

そこで思いついたのがペールにつけておくことでいいのかと。

味噌もペールでつくれますし、少し体によいかなと。

早速試してみたいと思いますが、結果の報告はむずかしいので、興味のある方はお試し下さい。