Monthly Archives: 8月 2009

昨日(8月25日)、埼玉県鴻巣市で抗酸化陶板浴の営業をされている

健康回復サロン 還元堂 さんへ行ってきました。

tirasiyou

 

還元堂さんは2008年11月から営業されており、

陶板浴8床+陶板ベンチ(最大3名で座れます)を有する施設です。

詳しくは還元堂さんのHPをご覧下さい。

http://kangen-do.com/

 

ここでは個人的な感想をお伝えします。

 

玄関を入ると、リバース工法ならではの心地よい空気の空間が広がっています。

すぐ右手に胡蝶蘭が咲いているのですが、

「花の落ちた胡蝶蘭を持ってきて置いておいたら、また花が咲きました」とのこと。

抗酸化リバース工法の建物ではよく聞く話なのですが、

通常はあまり咲かないそうで、同行者はしきりに感心していました。

dscn1538

明るい雰囲気の受付と談話室も、とても心地よい空気のお部屋です。

テラペールで作った体に優しい水とジュースもいただけます。

陶板浴に入る前に、まずは水分補給。

テラペールのお水を美味しくいただき準備完了。いざ陶板浴室へ!

dscn1533

清掃の行き届いた更衣室で着替えます。

 

陶板浴室内の温度は43℃、湿度は11%です。

空気は軽く感じられ、呼吸もとても楽。

室内でしばし休憩です。

今回は陶板ベンチにゆっくり座って過ごしました。

dscn1485

陶板ベンチは、足元・座部・背部それぞれに陶板が用いられています。

足の裏、お尻、背中を効率よく温めてくれますので、

体がすぐに温まりとてもリラックスできます。

「体調の都合で寝ることが辛い人にも入っていただきたい」、という

オーナーの考えに納得させられる気持ちよさでした。

 

10分ほどでうっすらと汗が出てきます(肌が少し湿る程度)。

さらに10分、私の場合、それでも汗はうっすら出る程度です。

時間の都合で20分しかいられませんでしたが、

30分でも40分でも入っていたい空間です。

43℃部屋が、気持ちよいので居眠りしてしまいそうな空間なのです。

結構驚きですよね。

 

昨日は良い陽気でしたので、更衣室・談話室とも冷房は入っていません。

これがサウナや岩盤浴なら、汗がだらだら流れるでしょう。

しかし陶板浴の場合はすぐに汗が引きます。

かといって湯冷めするわけでなし、体はしっかり温まったままです。

この感覚は陶板浴に入ってみないとわからないと思いますが、

多くの方が同じような感想をお持ちです。

お客様の声はこちら ↓

http://kangen-do.com/koe/

 

季節を問わず、体の冷えや低体温が何かと話題になっています。

体を温めることが健康の秘訣とも言われています。

どうせ体を温めるなら、気持ちよく温めたいですよね(^^)

「抗酸化陶板浴で体温革命! 手足の冷え、冷たさよ、さようなら!」

還元堂さんの陶板浴は、まさにそんな施設です。

 

料金設定もとてもお得ですので、お近くの方は是非一度行かれてみては(^^)

【料金設定】

1回 1,000円    お得な回数券13回 10,000円    6回 5,000円

 

場所はJR北鴻巣駅から徒歩2,3分、駐車場も完備しています。

行かれる前には電話でご予約を 【048-580-5826】

抗酸化陶板浴の気持ちよさをご体験下さい。

『抗酸化陶板浴』は、

抗酸化リバース工法による安全な空気環境と、

体を芯から温める温熱効果の相乗効果により、

心身共にリラックスしていただける施設で、

老若男女を問わず多くの方々に親しまれています。

陶板浴ファンの中には、ご自宅に陶板浴を造られる方もいらっしゃいます。

 

体を温めることが健康の秘訣であることは、

新潟大学大学院の安保教授を始め多くの方々がそれぞれの著書で紹介されています。

最近病気がち、冷え性、何となくだるい、疲れやすい、肩こりがひどい、便秘・・・、

このような悩みをお持ちの方、体が冷えていませんか?

お近くに抗酸化陶板浴施設がありましたら、是非一度入りに行くことをお奨めします。

とても気持ちいい気分になれると思います。

お奨めの陶板浴施設はこちら ↓ をご覧下さい。

リバースジャパンHP http://www.rebirth-j.com/kouhou/toubanyoku.html

 

しかし、陶板浴を必要としていても近くに施設がない病気で通えないなど、やむを得ない事情をお持ちの方も少なくありません。それ以外にも様々な事情をお持ちの方もみえます。

抗酸化陶板浴ベッドは、陶板浴施設に次のような理由で通えない方をサポートする目的で開発しました。

①:病気が辛いので、毎日施設に通うことが大変、或いは通うことができない

②:仕事や家庭の都合で思ったように時間が確保できない

③:薬の副作用や病状により、他人のいる施設には通いにくい

④:施設が遠方にしかないため、通うのに時間も費用も大きな負担になる

⑤:1日2回入るための時間が確保できない

⑥:送り迎えなどに家族の補助が必要だが、負担を掛けることが申し訳ない

⑦:自宅に陶板浴室を造るスペースがない、或いは予算がない

⑧:他人の目を気にせず、自分のペースで入りたい

 

『通いたくても通えない!!』

こんな皆様にも陶板浴を利用していただければと思い開発しました。

陶板ベッド(天蓋オプション付き)

 ※天蓋、引き出しはオプションになります。

 

抗酸化陶板浴ベッドのメリットとしては

①:ご家庭で入浴できるので、施設に通うための時間や費用の負担がなくなります

②:ご自分の体調に合わせて入浴時間や回数を調整できます

③:他人の目を気にせずに入浴できます

④:ご家族への負担が軽減できます

⑤:家にあれば、家族や友人など皆で利用できます

⑥:工事の必要がないので、導入までの期間が短くて済みます

⑦:陶板浴室を建設するスペースがなくても導入できます

⑧:病院、治療院、エステ、旅館、ホテル、老人施設等で導入しやすくなります

 このようなメリットがあります。

 

もちろん、抗酸化陶板浴の効果を最大限に感じていただけるのは、各陶板浴施設に通っていただくか、ご自宅に陶板浴室をお作りいただき入浴していただくことです。

近くに抗酸化陶板浴施設があり時間に余裕のある方は、是非陶板浴施設をご贔屓に!

陶板浴室を造るスペースと資金に余裕がある方は、是非陶板浴室をお造り下さい。

 

スペースに余裕のない方、パーソナル抗酸化陶板浴ベッドをご自宅にいかがですか?

ご自身の体調やスケジュールに合わせた、

充実したリラックスタイムを満喫していただけることでしょう。

 

製品の仕様、価格は、2009年8月26日にお伝えいたします。

お待ちいただいているお客様にはご迷惑をお掛けしますが、今しばらくご容赦下さい。

 

パーソナル抗酸化陶板浴ベッドのお問い合せ、無料体験はこちら ↓

株式会社 エイムデザイン研究所 住環境事業部 03-3498-0092

ブログを更新している今も、頭痛と嗅覚の違和感を感じています。

 

その原因とは、電車で隣り合った男性の付けている

『香水』の臭い!!

敢えて“香り”ではなく“臭い”と書かせていただきます。

とにかく臭いが“キツイ”のです。

思わず“くさっ”と言ってしまうくらいです。

 

どこに香水をふりかけているのやら・・・、

どれだけの量を使っているのやら・・・、

会社に行くのになぜそこまでキツイ臭いを纏うのか・・・、

サラリーマンのようでしたが、会社の同僚は何も言わないのか・・・、

等々、色々考えながら10分程耐えていました。

 

しかし、頭が痛くなり、臭いが鼻につきもう我慢できません!!

しようがなくタオルで鼻をふさぎ、臭いを直接嗅がなくてもいいようにして

残りの10分を耐えました。

電車を降りた瞬間は、思わず“深呼吸”です・・・、

助かった・・・(大げさでなくそう思いました)

もう一つ、電車から脱出するときに考えたことは、

「水なら少しくらい飲まなくても我慢できるけれど、

呼吸を止めることできない。勘弁してちょうだい(泣)」

でした。

 

電車通勤・バス通勤をされている方なら、多かれ少なかれ同じような経験をされているのではないでしょうか。

ちなみに私の経験上、朝から香水やコロンの強い臭いをふりまいている人の多くが20代・30代の男性です。

ご本人達は全然気付いていないのでしょう・・・。

電車のような閉じられた空間で、ましてや朝の混雑時では、

臭いから逃れるすべもありません。

せめて、同僚や家族・友達などの近しい人が教えてあげていただけるよう祈るばかりです。

 

香水やコロンの臭い・・・、

天然・合成の違いがあるにしろ揮発性の有機化合物(化学物質)です。

よって、化学物質に敏感な方(シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギー等をお持ちの方)にとってはとても辛い場合があります。

そのような方が周りにいることを考えて、

せめて“ほのかに香る”

『いい香り』を纏っていただきたいものです。

 

キツ過ぎる香水の臭い、これも一つの空気汚染ですよね。

低体温や冷え性の方が増えているといわれる昨今、

足元を手軽に温めることのできる商品の要望が高まっています。

特に冷えの気になる女性にとって、

手軽な足温器は快適生活の必須アイテムなのではないでしょうか。

 

「頭寒足温」という言葉があるように、

足元を温めることは、健康にとってとても良いことです。

しかし、現在の家庭環境・オフィス環境では、

「頭寒足温」を実践することは、なかなか難しいことのようです。

 

その理由の一つに、エアコンによる冷暖房があります。

皆様ご存じの通り、暖かい空気は上の方へ、冷たい空気は下の方へ移動します。

ですので、本来温めたい、あるいは冷やしたくないはずの足元には、

暖かい空気よりも冷たい空気が集まります。

よって冬場の室内では、

顔は火照っているけれど足元は寒い!

という状況が往々にしておきがちです。

冬場、靴下の重ね履きや膝掛けが手放せない状況や、

夏場でも足の冷えが気になる状況は、

空気のみを温める暖房(冷やす冷房)でよし、としている考え方の問題でもあります。

 

遠赤外線で体を温める『1mmのストーブ』シリーズには、

足元を効率よく温める足温器があります。

e8b6b3e7bdaee3818d2

 e8b6b3e7bdaee3818de38395e383a9e38383e38388

足温器の上に足を乗せれば、冷たい足元が優しく温められます。

さらに、足の疲れやだるさも癒されます。

この商品は季節を問わず、一年中ご利用いただける商品として、

皆様にご案内してまいります。

なお、商品の発売は10月上旬を予定しております。

今しばらくお待ち下さい。

私たち人間は1日に、

食物を1kg~2kg、

水を2kg~3kg、

空気を15kg~20kg、

体に取り入れています。

 

7月4日に開催されたリバースジャパン記念講演会で、

特別講演していただいた新潟大学大学院自然科学研究科の赤林伸一教授によると、

人体が体に取り込む汚染物質等の摂取量(重量比)は、

食物からが「7%」

飲料からが「8%」

外気からが「5%」

産業排気から「9%」

公共施設の空気からが「12%」

そして、

室内空気からが、なんと「57%」になるそうです。

食物や飲料のからのほうが「多い!」、

と思っていた方が多いのではないでしょうか。

 

多くの方々にとって、意外な数字だったようです。

しかし、汚染物質などの80%以上を空気から取り入れていることを知ると、

空気の重要性を再認識させられるのではないでしょうか。

 

さらにもう一つ、

私たちの吸っている室内空気を水に置き換えて考えると、

それはまるで、

「たくさんの人が泳いでいるプールの水を飲んでいるのと同じ」

なのだそうです。

・・・、飲みたくないですね・・・。

 

水や食べ物と違い、空気の汚れは非常に分かり難いことも事実です。

また、私たちは通常、3分と呼吸を止めることができませんし、

呼吸することをやめることもできません。

 

安心して食べられる「食物」を求める以上に、

安心して飲むことのできる「水」を求める以上に、

安心して呼吸できる「空気」の大切さについて、

今一度考えてみたいものです。

 

ちなみに前出のプールの話、

昨日打合せをした業者の方々(20代の男性と女性)にもお話ししたのですが、

「想像するだけでも嫌ですね」

という反応でした。

 

私達のような仕事をしていたり、

実際にシックハウスや過敏症であったりしなければ、

室内空気の汚れを意識することはほとんどないようです。

また、このような話題や情報に接すること自体、普段の生活ではないそうで、

情報発信の大切さをあらためて痛感しました。

 

室内空気の大切さをより多くの方々に意識していただけるよう、

また、リバース工法の存在をより多くの皆様に知っていただけるよう、

これからも様々な情報をお知らせしていきたいと思います。

先月開催されたオフィス家具EXPOで、

弊社開発商品『1mmのストーブ』を 

株式会社デジタイズドインフォメーション様に取材していただいた時の動画が、

YouTubeで配信されています。

株式会社デジタイズドインフォメーション様には、

綺麗な画像で配信していただきありがとうございます。

皆様も是非一度ご覧下さい。

【URL】 http://www.youtube.com/watch?v=lDtQovtBu8Y

 

【お知らせ】

※ 商品の販売を希望される企業様への仕様・取引詳細のお知らせは、当初8月上旬を予定しておりましたが、8月20日過ぎになる見込です。

※ 1mmのストーブシリーズは10月上旬より順次出荷の予定です。

※ 商品紹介HPは9月上旬にアップ予定です。

エイムデザインには、造作家具・オーダー家具の設計・デザイン部門があります。

 造作家具はサイズやデザイン、機能を等をフルオーダーでご発注いただけますので、

間取りや生活スタイル、家族構成に合わせた収納プランを自由にご検討いただけます。

 

造作家具を取り入れるメリットは他にもあります。

例えば、壁と家具の隙間をなくすことができるので、

その部分の隙間掃除が必要なくなります!

ちょっとした隙間に溜まるホコリ・・・、結構気になりますよね。

そんな隙間のホコリ汚れを気にしなくてよくなるのも、

これは造作家具ならではのメリットです。

 

エイムデザインではお客様のご要望により、

造作家具にもリバース工法の技術を採用可能です。

木材に抗酸化処理を施すほか、

接着剤や塗料にも抗酸化リバース溶液を混入します。

 

この処理をすることで、建材や塗料・接着剤に含まれる合成有機化合物を、

無処理のものより早く放散し低減させることができます。

 

健康な室内空間造りには様々な要素が含まれますが、

家具やカーテンなどにも十分な注意を払う必要があります。

 

「きれいな空気の家にしたい!!」と心から考えている方

「漠然とだけれど心配!!」と思っている方

微力ながらアドバイスさせていただきますので、気軽にお問い合せ下さい。