Monthly Archives: 4月 2009

すっかり恒例になったお初シリーズ!!

第五弾は、“都立城南島海浜公園”です。

今回はとにかく歩きました!もう遠足です!(^^)

カテゴリー → お初シリーズ!! → 「お初シリーズ第五弾!!・・・」

お初シリーズ第五弾!!

 

今回は“城南島海浜公園”に行ってきました(^^)/

4月29日(水)昭和の日、朝8時20分に家を出発!

今回は往復徒歩での予定。

目的地の“城南島海浜公園”までの距離は

およそ“16km”です。

よって今回は、“散歩”ではなく“遠足”です。

 

朝のうちは涼しかったのですが、天気は良好、最後までピーカン照りでした。

工程は、鶴見(横浜) → 川崎 → 多摩川を越えて → 蒲田 → 平和島 → 東京港野鳥公園 → 城南島海浜公園

往路は約16キロを2時間40分(途中休憩5分)でした。

川崎からは、国道15号で平和島までひたすら真っ直ぐ。

途中多摩川を越えて東京都に入ります。

国道15号から見た多摩川

河川敷では、たくさんの人がスポーツにいそしんでいらっしゃいました。

その光景を横目に、ひたすら歩きます。

ひたすらストイックに歩きます。

カメラを構える対象も特にないので、ひたすら歩きます。

そして午前11時、“城南島海浜公園”に到着!

dscn1731

休日なので家族連れ、友人同士のグループが目立ちます。

自転車で来ている人もたくさんいます。

人工の砂浜では、貝採りにいそしむ家族連れがたくさんいました。

dscn1736

羽田空港が思いのほか近いのにはビックリ!

羽田空港

海の色はあまりきれいではないのですが、潮風は気持ちよいものです。

滞在時間は1時間ほどでしたが、東京らしい眺めもあり、良い気分転換になります。

波打ち際

???

dscn1747

都心が見えます

ちょっと望遠、東京タワーも見えます

広場にはクローバーがたくさん!

四つ葉のクローバーを探したくなりましたが、

はたっ、と気付きます・・・、

おじさんが四つ葉のクローバーを探している姿は、かなり滑稽だよな・・・(__)

dscn1758

dscn1762

dscn1764

海を見ながら鮭おにぎりを食べ、少し読書をして過ごします。

気持ちよか!です(^^)

12時15分、復路出発!

少し足が痛みます・・・。

嫌な予感。

 

たくさんにの人が飛行機の写真を撮っていたので、

わたしも何枚かパチリ。

dscn1765

dscn1766

dscn1767

dscn1768

dscn1769

羽田空港ならではですね、

ひっきりなしに飛行機が着陸していきます。

それにしても、真下で見るとかなり迫力がありますね。

 

さてさて、

それはともかく、

日射しが強い!

顔が暑い!

往路よりペースダウンです。

できるだけ、日陰を探しながら歩きます。

 

家まで残り30分になった頃、嫌な予感が的中!

モモの内側が痛くなってきました・・・。

日頃走っているのですが、走る筋肉と歩く筋肉は若干違うようです。

あ~痛い・・・。

それでも最後の力を振り絞ってなんとか言えに到着!

ふぅ~、ちかれた・・・。

 

実は、今回の目的地、

本当は“東京港野鳥公園”だったのですが、

天気があまりに良いので海が見たくなってしまい、

結果的に“城南島海浜公園”になりました。

しかし、もし今回行かなければ行く機会がなかったかもしれないので、

足を伸ばして良かったと思います。

ということで、

次回のお初目的地は、今回通過した

“東京港野鳥公園”

になるかも・・・。

そして、交通手段は

 

 

 

目的地まで走ります。

 

 

たぶん・・・。

 

おしまい

抗酸化リバース溶液活用製品 抗酸化粉石鹸 「リフレパウダー」

e38391e382a6e38380e383bce5b08f1

抗酸化粉石鹸 リフレパウダーは、天然の植物油脂に抗酸化リバース溶液を加えて作られた粉石鹸で、合成界面活性剤、防腐剤、漂白剤、蛍光材等、一切使用していない環境にやさしい純粉石けんです。

リフレパウダーの用途は洗濯用石鹸なのですが、様々な使い方ができる商品です。

今回は、わたし個人が普段使っている用途と使用感をご紹介します。

※あくまでわたし個人の使い方、使用感です。

 

《リフレパウダーの使い方その①》・・・洗濯石鹸として

まずは基本の使い方として、洗濯に利用しています。

使う量は、水40㍑に対してリフレパウダー7、8gくらい。

付属のスプーンすり切り1杯が約5gなので、すり切り1杯+半分くらいです。

特にひどい汚れでない限り、これで十分です。

もし襟首や袖口の汚れが目立つときは、リフレパウダーを気になる部分に振りかけ、水を付けてつまみ洗いをしています。(固形石鹸のリフレソープを使うときもあります。)

ランニングシューズは、たらいやバケツにリフレパウダーを溶かし、一晩つけてから洗います。

だいたいの汚れや臭いはこれでOK。

汚れがひどい場合は付け置いた後、リフレパウダーを粉のまま振りかけ、もみ洗いやブラシ洗いをします。

ちなみに、柔軟剤は使っていませんが、使っているうちに気にならなくなります。

“柔らかくって ふわふわ”もいいですけど、

環境汚染のことを考えると、やっぱり使わなくなります。

 

《リフレパウダーの使い方その②》・・・台所石鹸として

昔使っていた中性洗剤のボトル(もう5年くらい同じものを使っています)にリフレパウダーを5g程入れ、お湯で溶かして使っています。

濃いかな?と思ったら、使って減った分だけ、水を足して薄めています。

食器を洗うときは、スポンジで泡立ててから使っています。

油汚れが強い場合は浸け置き洗いをするか、粉末のままスポンジにつけて洗います。

油汚れもこれで十分落ちます。

レンジ廻りには、500ccに5gの割合で溶かしたリフレパウダーを霧吹きに入れ、霧吹いてから5~10分ほど待った後にスポンジで軽く擦ります。

ほとんどの汚れはこれで落ちます。

クレンザーのようにして使っていただいてもかまいません。

使い方を少し工夫するだけで、台所から合成洗剤が無くなり、環境にやさしい生活ができます。

また、リフレパウダーを使って喜ばれることに、手荒れし難くなることがあります。

合成洗剤は非常に強い洗浄力がある反面、お肌に大きなダメージを与えます。

手荒れが嫌な皆様、一度使ってみてください。

 

《リフレパウダーの使い方その③》・・・風呂洗い、トイレ洗いに

500ccに5gの割合で溶かしたリフレパウダーを霧吹きに入れ、風呂掃除、トイレ掃除に使っています。

お風呂の場合、汚れもしっかり落ちますし、カビが本当に出なくなりました。

トイレの場合も同じで、汚れがしっかり落ちます。

さらに、臭いも無くなります。

臭いの元を絶つので芳香剤は必要なくなります。

(多くの芳香剤は、化学物質の放散により室内空気を汚染しています)

リフレパウダーの消臭効果は、専門機関での検査により消臭基準をクリアしています。

ちなみに、合成洗剤でそうじすると、洗剤の臭いが室内に充満します。

この臭いはいわゆる化学物質の臭いです。

化学物質に敏感な方にとって、洗剤類の臭いは非常に苦痛なものです。

 

《リフレパウダーの使い方その④》・・・野菜、果物の洗浄

野菜や果物はリフレパウダーを薄めた水に5分ほど浸け、水洗いしてから使います。

使う量は、水1㍑に1g程度まで。

表面に付いた汚れが良く落ちます。

刻んだ野菜を水にさらす場合も、リフレパウダーを少し溶かしたものにしています。

シャキッとする気がします。

キュウリやトマトを初めて洗ったとき、

「こんなに汚れているの!?」

と思うほど、ボールの底に汚れが沈んでいました。

また、リフレパウダーで洗ってから冷蔵庫に入れると、野菜が長持ちします。

テラパック(鮮度保持袋)を使うと更に長持ちします。

野菜や果物の表面には、汚れの他に農薬等の薬剤がついていることが考えられます。

これらの薬剤は水洗いでは落ちないそうですので、リフレパウダーを使っているのです。

無農薬野菜がほとんど流通していない日本では、自衛することがとても大切です。

 

《リフレパウダーの使い方その⑤》・・・消臭スプレーとして

消臭には、500ccに2,3gの割合で溶かしたリフレパウダーを霧吹きに入れ使用しています。

臭いが気になるときに、シュッシュッと霧吹くと、臭いがなくなります。

先ほどもご紹介しましたが、リフレパウダーの消臭効果は、専門機関での検査により消臭基準をクリアしていることが確認されています。

わたしはタバコを吸わないので、タバコの臭いは結構気になります。

そんな時、シュッシュッとしています。

タバコの吸い殻にも吹きかけます。臭くなくなります。

 

《リフレパウダーの使い方その⑥》・・・虫除けに

水500ccにリフレパウダー5gを溶かし拭き掃除していると、嫌な害虫が出なくなります。

いつも拭き掃除しているので、我が家でゴキブリを見ることはありません。

今気付いたのですが、そういえば、ハエも見ません。

そういえば、以前蟻の通り道にリフレパウダーを撒いておりたら、蟻もいなくなりました。

虫除け効果は確かにあるように思います。

 

普段使いはこれくらいです。

お気づきだと思いますが、我が家にある石鹸は

「リフレパウダー(粉石鹸)」と「リフレソープ(固形石鹸:ボディソープ)」のみです。

しかし、全く不自由はありません。

環境への負荷もとても少ないと思います。

石鹸はほぼ毎日使います。

ですので、合成洗剤を使っているご家庭は、結構環境に負荷を与えていますよ。

実は気になっている方もかなりいらっしゃるはず!

リフレパウダーの価格は、

800g入り1,260円(一人暮らしなら3ヶ月~半年分)

2kg入り2,415円(半年から1年分)

家計にも優しい商品です。

一度リフレパウダーにチャレンジしてみてはいかがですか?

 

●抗酸化粉石鹸 リフレパウダーのご用命・お問い合せ先

エイムデザイン研究所 住環境事業部   http://www.aim-kankyo.jp/ 

電話 : 03-3498-0092   FAX : 03-3498-5977

e-mail : kousanka@aim-d.jp

 シックスクール事例の第三弾です。

※ネット上の情報紹介になります。

ほっかいどう シックスクール対策 難しい原因の特定 /北海道

建材の塗料や接着剤などに含まれる化学物質に反応し、体調不良を訴えるシックハウス症候群。道内でもそのために登校できない子供や、新築校舎が使えない事態が起きている。文部科学省は年1回の定期検査を学校に義務づけ、シックスクール対策に乗り出している。だが、原因や因果関係が十分解明されていないだけに、対応が後手に回っている。【千々部一好】

 

◇苦しむ子供「特殊でない」・・・登校できない女児

 2学期が始まった恵庭市の小学校。児童たちが楽しかった夏休みの思い出を胸に元気に登校した。だが、1人の女児が姿を見せなかった。シックハウス症候群の症状が出るため、学校に行くことだけでなく家から出るのもままならないという。昨夏から登校できず、もう1年になる。

 「登校できるよう、さまざまな対応をした。しかし、原因物質が特定できず、有効な対策もとれない」。女児の通う小学校の教頭は頭を抱える。トイレ掃除に米ぬか洗剤を使い、床のワックスは油性から水性に替え、印刷物は2週間前にプリントしてインクに含まれる化学物質を揮発させてから渡すなどの対応をとったという。しかし、女児は学校に来ると、体調が悪いと訴えた。

 シックハウスの子供の診察に当たる札幌市白石区の小児科医院の渡辺一彦院長は「今やシックハウスに苦しむ子は特殊なケースではない。子供によって症状が違うので、きめ細かな対応が必要」と訴える。

 対策マニュアルを作成した札幌市教委によると、シックハウスが疑われる児童・生徒数(今年6月現在)は61人に上るという。

 

十分でない規制

シックスクールとなった紋別市の小向小学校。昨年1月、新築校舎で3学期の授業が始まったところ、全校児童17人中の10人と教職員3人の計13人が体調不良を訴えた。授業は学校近くの集会施設で行い、学校の室内空気を調べた。道立衛生研究所の調査で、水性塗料に含まれた化学物質2種類の濃度が高く、これが原因との見方が強まった。新校舎は換気を繰り返し、今春からようやく使えるようになった。

道立衛生研究所健康科学部の小林智科長は「問題の化学物質2種類は国の規制外。『規制外の塗料や接着剤は安全』と考えて使用したのに、それが逆に災いとなった」と話す。

 日本で使われる化学物質の種類は5万といわれ、室内の空気から測定される揮発性のある化学物質は100を超える。その一つ一つが健康にどんな影響を及ぼすか十分解明されておらず、国の規制外でも安全とは言えないことが、紋別市での事故が物語っている。

 

規制と監視強化を

文部科学省はホルムアルデヒドやトルエンなど6種類の化学物質の指針値を定め、年1回の定期検査を義務づけている。厚生労働省はさらに7種類を加えた13種類を規制。しかし、道立林産試験場の調査(06年度)では、道内の小、中、高校など2014校のうち約1割で指針値を超えていたことが明らかになった。

小林科長は「紋別市で問題になった化学物質の指針値を示すほか、総揮発性有機化合物の測定方法を整備するなど対策の充実が必要」と、規制と監視強化を訴えている。

毎日新聞 2008年8月29日 地方版

 

前回に引き続き、小向小学校事例です。

記事の中で、とても気になるところがあります。それは、

『道立衛生研究所健康科学部の小林智科長は「問題の化学物質2種類は国の規制外。『規制外の塗料や接着剤は安全』と考えて使用したのに、それが逆に災いとなった」と話す。』

というところ。

なぜ、「規制外の化学物質を使った塗料や接着剤は安全」と考えるのでしょうか?

塗料や接着剤に使われる有機化合物の中で、“有害でない有機化合物がある”と考えているのでしょうか?

根本的な考え方が間違っているのではないかと思うのです。

“規制がない”ではなく、

“まだ規制を検討していない”、もしくは、

“そのような有機化合物が使われているとは思ってもいなかったので、検証もしていない”

ということなのではないかというのが、個人的な感想です。

 

なんにせよ、シックハウスやシックスクール、化学物質過敏症といった有機化合物が原因と考えられる健康被害に関して、文科省や自治体担当部署はもっと勉強していただいたいと思います。

知り合いの奥さんが小学校の教員をしています。

夏休みのあと校舎にはいると、

「接着剤や塗料の臭いで気分が悪くなる!」

いう話をいつも聞きます。

 

未だに、

「F☆☆☆☆だから大丈夫!」

「大手メーカーだから信頼できる!」

という考えで建材を選んでいる、あるいは選ばせているところも多いのでは・・・。

 

シックハウス問題、シックスクール問題は、子供や私たちの健康に深く関わる問題です。

より多くの人がこの問題を強く意識し、そして国やメーカーに明確な情報開示を求めて行くことなしには、解決の道筋はありません。

当ブログでは、これからも安心して生活できる住環境確保のため、さまざまな情報をお知らせしたいと思います。

お初シリーズ第四弾!!

 

今回は“新宿御苑”です(^^)/

4月18日(土)、所用で池袋に寄った帰り、新宿御苑に立ち寄りました。

入場券(200円)を購入し、いざ新宿御苑内へ!

 

まずは地図で位置確認・・・。

dscn1450

新宿御苑、結構広いです。

新宿駅のすぐ近くに、これほどの庭園が維持されているとは・・・、

東京 恐るべし・・・。

気合いを入れて散策に入ります。

 

園内の至る所で八重桜が咲き誇っています。

dscn14571

dscn14581

dscn15141

dscn15411

dscn15441

dscn15471

dscn1593

dscn16431

桜は園内の至る所に咲いていました。

とってもきれいです・・・(^^)

 

ツツジもきれいに咲いていました。

dscn1502

dscn1555

dscn1560

dscn1597

dscn16061

dscn1614

dscn1608

ツツジはこれからが本番みたいです。

それでも、色とりどりの花が咲いている様は壮観です。

 

その他にも、小さいけれど色々な花が咲いていました。

dscn1499

dscn1512

dscn1495

dscn1527

dscn1588

dscn1624

dscn1658

dscn1662

dscn1663

 

ざっと二時間半ほど滞在して、新宿御苑内を歩き回りました。

前の週に訪れた明治神宮御苑・代々木の杜が、“都会の中に残された自然”を感じさせくれたのに対し、新宿御苑は“見られるための庭園”といった感じです・・・。

個人的な嗜好で言うと、

癒しを求めるなら、明治神宮御苑・・・

のんびりするのなら、新宿御苑・・・

と行ったところでしょうか・・・。

 

それでも、都内の中に広がる新宿御苑は、草木とふれあえる素晴らしい場所であると思いました。

 dscn14761

dscn1478

dscn1489

dscn1553

dscn1567

dscn1621

dscn1623

dscn1632

dscn1641

dscn1653

dscn1682

e5908de7a7b0e69caae8a8ade5ae9a-1e381aee382b3e38394e383bc

四季の移ろいを楽しむことのできる場所として、

ふらっと立ち寄りたい場所です。

 

おしまい

シックスクール事例の第二弾です。

※ネット上の情報紹介になります。

【小向小シックスクール問題】市教委の説明に疑問続出

 【紋別】市議会の総務文教常任委員会(片岡一道委員長)が11日開かれ、小向小学校シックスクール問題に関連して紋別市教育委員会の西田修次教育長がこれまでの経過について説明した。委員会では、原因究明に関し、施工業者等の責任を否定する市教委の説明に委員から疑問の声が相次いだ。

 

 委員会で西田教育長は、昨年2月1日に児童17人中10人、教職員9人中3人が体調不良を訴えて発覚したシックスクール問題の現在に至るまでの経過を説明。西田教育長は「正確な原因究明は困難であり推測論だが」と前置きした上で、校舎完成後の12月に実施した摂氏5度での測定を20度に換算した場合、ホルムアルデヒドとトルエンが指針値に近い数値で検出された可能性があるが、夏場ほどの高い濃度での検出の可能性は低いと専門家の意見を紹介し、国が指針値を定めていないテキサノールとピロリドンが高濃度で検出され、健康被害の原因となった可能性が高いと改めて報告。今後の対応として、寒冷地における学校改築事業においては、温暖な時期に引越しを行うといった地域事情を考慮した北海道特例措置を設けるなどの、補助事業の制度内容見直しなどを要望していくとした。また、症状の重い卒業生の状況として、「授業や運動クラブ活動に積極的に取り組みながら学校生活を送っている」と報告した。

 

 委員会で森本秋嘉委員(未来の会)は、「テキサノールとピロリドンを原因としているが、なぜこの2物質が高いのかということには触れられていない。施工業者の問題などに触れて原因究明の最終的な部分をやっていかないといけないのでは」と答弁を求めた。市教委の佐々木隆之施設課長は「2物質は水性塗料に使われたが、建築材料として使ってはいけないものではない」と理解を求めた。これに対し森本委員は、「2つの物質が原因と結論付けているわけだから、基準外としても、どうして使ったのかということになる。施工業者による工事や市の責任も出てくるのでは」と改めて質問した。

 

 佐々木施設課長は、「業者には責任はない」とした上で、「我々が違う塗料を使ったとしても、全く化学物質がないということはあり得ない。今回の事象により反応することがわかったものの、化学物質は使っていかなければならない」と説明。そして「TVOC(総揮発性有機化合物)は揮発性が高いため、換気していくなど二段構えで対応するしかない」と答弁した。

 

 森本委員は「1年間校舎が使用できないという異常な状態は、全国的にもまれで注目されている。とにかく現実的に2物質が原因で児童や教職員に健康被害が出ている」と述べ、「施工業者もこういう部分が出てくるのではということが多少わかっていたのでは思う」とし、市と施工業者との間に完成後もこうした話があったのか答弁を求めた。

 

 佐々木施設課長は、指針値で定められていない以上、分析結果や文献があるわけでもなく、「業者を集めて言ったとしても無理があるのでは」と答えた。

 

 飯田弘明委員(市民の会)は、「工事には問題はなかったというが、現実に健康被害は出ている。外からやりとりを聞いていると、絶対におかしいと思う。一般住宅であれば、施工業者に対して、どうなっているんだ、というのが当たり前。現実に具合の悪い人はいる。しかしながら、仕方ないと答弁していることには釈然とせず、市民から見たらもっと釈然としないのでは」と市教委側の説明を批判した。

オホーツク新聞 2008/6/12 10:06

 

この事例では、水性塗料に使われた「テキサノール」と「ピロリドン」という、シックハウス規制法のガイドラインに取り上げられていない化学物質が高濃度で検出され、この2物質がシックハウス、シックスクールの原因になったのではないか、と考えられています。

大阪大学のケースと同じように、指針値の定められている化学物質については、特に高濃度に検出されていません。

 

現在、室内に存在する化学物質は300種類以上といわれ、その種類は益々増加しています。増え続ける化学物質による健康被害を懸念する動きとして、シックハウス規制法の指針値に追加されたTVOC(総揮発性有機化合物量)は、室内に存在する揮発性有機化合物の総量を規制することの必要性を訴えているわけです。

 

ただ、一般的に新築やリフォームに使用する建材を選ぶとき、「その建材にどのような化学物質が含まれているか?」、「空気中への放散量はどのくらいの濃度であるのか?」、「その放散はいつまで続くのか?」、ということを知ることはまずできません。公表する義務がない物質に関して、メーカーが公表することがないからです。

シックハウスを含む室内の化学物質問題が大きな問題となっている昨今、このような姿勢はいかがなものでしょうか?個人的な見解ですが、「やましいことがあるんでしょうね・・・」という感じです。皆さんはどのように感じますか?

 

いずれにしろ、現実に健康被害が出ているということにかわりはありませんし、何らかの対策を立てなければ同様の健康被害が再発することは目に見えています。

 

「F☆☆☆☆だから大丈夫!」 「有名メーカーが使っているから大丈夫!」

でも本当に大丈夫なのでしょうか?

私は大丈夫ではないと思いますよ・・・。

 

シックハウス問題、シックスクール問題は、子供や私たちの健康に深く関わります。

より多くの人が強く意識していただければと思います。

 

【PR】

有害化学物質を分解・低減する抗酸化リバース工法は、シックハウス症候群や化学物質過敏症、アレルギー等が心配な方に、特にお奨めです。

詳しくはこちら  ↓

http://www.aim-kankyo.jp/

シックスクールの事例を紹介していきます。

いま、子供達の学ぶ環境が危険にさらされている・・・、

これでいいのでしょうか?

カテゴリー → シックスクール → 「シックスクール事例①」

シックスクールに関する事例を紹介します。

※ネット上の情報紹介になります。

「大阪大学:新設の研究棟を閉鎖 シックスクール症候群診断で」

大阪大学は21日、豊中キャンパス(大阪府豊中市)に新設した「文系総合研究棟」を、25日から全面立ち入り禁止とすることを決めた。今月から本格利用を始めたばかりだが、棟内で働く職員ら2人がシックハウス症候群と診断され、気分不良を訴える学生も相次いだため。大学側は「想定外の事態だ」と困惑している。

 

(略)3月中旬ごろ、高等司法研究科の女性職員ら2人が「部屋に入ると違和感がある」などと体調不良を訴えた。

 

阪大は棟内の空気を分析し、健康被害をもたらすおそれがある揮発性有機化合物の濃度を測ったが、値が低かったため、そのまま様子を見た。

 

しかし症状はおさまらず、今月中旬には2人とも病院でシックハウス症候群と診断された。さらに今月から授業に使い始めると、学生数人も頭痛や鼻水などを訴えた。

 

このため阪大は「学生の安全を優先したい」として18日、学生に電子メールを送るなどし、棟内にはできる限り立ち入らないよう呼び掛けた。やむなく入る場合は、空調での換気を24時間行い、窓を開放するように注意した。

 

さらに21日には、25日からの正式な立ち入り禁止を決めた。予定されていた授業は他の建物に分散して行い、教員室は他の建物に移すなどしている。

立ち入り禁止の期間は未定で、阪大は「原因が判明して除去できるまで建物を閉鎖する」と話している。

情報:(MSN毎日インタラクティブ)

 

この事例では、どのような化学物質がシックハウス、シックスクールの原因であったか、という情報が開示されていないそうです。

しかし、ガイドラインの設定されている化学物質濃度は低かった、という事実に注目する必要があると思います。

現在使用される建材は、ホルムアルデヒドの放散量が少ないF☆☆☆☆建材か、最近需要の増えている自然素材でしょう。

大阪大学の工事でも、F☆☆☆☆建材が使用されたはずです。

F☆☆☆☆建材とは、“ホルムアルデヒドの放散量が定められた数値を下回っている”、“クロルピリホスが含まれていない”建材であり、それ以外の揮発性有機化合物の含有量や放散量に対する規制は含まれていません。

また、厚生労働省の定める指定13物質

・ホルムアルデヒド
・トルエン
・キシレン
・パラジクロロベンゼン
・エチルベンゼン
・スチレン
・クロルピリホス
・フタル酸ジ-n-ブチル
・テトラデガン
・フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
・ダイアジノン
・アセトアルデヒド
・フェノルカルブ

の放散量がガイドラインを上回らないようにするため、上記以外の代替化学物質を使用している建材が増えてきています。

その結果が、「原因物質の特定できないシックハウス症候群症状」に繋がっているのです。

 

ケミレスセミナーの項でもご紹介したとおり、“原因物質が分からなければ、的確な対処ができない”のです。

現にご紹介した上記事例では、

「阪大は棟内の空気を分析し、健康被害をもたらすおそれがある揮発性有機化合物の濃度を測ったが、値が低かったため、そのまま様子を見た。しかし症状はおさまらず、今月中旬には2人とも病院でシックハウス症候群と診断された。さらに今月から授業に使い始めると、学生数人も頭痛や鼻水などを訴えた。」

という結果になっています。

大学でさえこの結果なのです。

 

“F☆☆☆☆建材=安全な建材”

“F☆☆☆☆建材を使用していますので、心配ありません!!”

このような謳い文句にはご用心!

適切な換気の必要性やVOCを含まない建材の採用、VOCを低減する建材の採用など、様々な対策を検討することをお奨めします。

シックハウス問題、シックスクール問題は、子供や私たちの健康に深く関わります。

より多くの人が強く意識していただければと思います。

昨日の体験です。

 

ある会社のショールームで行われた勉強会に参加しました。

時間は約3時間。

室内に入って先ず感じたことは、「建材臭い・・・」、

それほど強くはないのですが、刺激臭がするのです・・・。

職業柄、建材の臭いには敏感になっていると思いますが、

勉強会の間中、その臭いに慣れることがありません。

しかも、なかなか話に集中できない状態でした。

ちょうど仕事中に、タバコの煙で集中力が切れるのと同じような感じです。

 

もしこれが自社のオフィスだったら・・・、

学校や幼稚園・保育園などの教室だったら・・・、

自宅の書斎や子供の部屋だったら・・・、

良い環境といえるでしょうか?

良い結果に結びつくでしょうか?

 

勉強会終了後に確認したところ、

「そうなんですよ、臭うんですよ」とのご返答。

部屋を借りて3年になるそうですが、借りた当初は非常に臭かったそうです。

しかし、3年経っても臭いが抜けないとは・・・。

もちろん使われている建材はF☆☆☆☆です。

 

この会社の方達は、慣れているので言われなければ気にならなくなっているようです。

しかし、訪問者の多くは、建材臭を意識するのではないでしょうか・・・。

もしシックハウスや化学物質に敏感な方であれば、とても滞在できない空間だと思います。

応急対応として、リバースワックス(抗酸化リバース溶液入りのワックスで、化学物質を低減する)の塗布をお奨めしました。

 

いつも感じるのですが、もし空気に色を着けることができるとしたら、「黄色」とか「橙色」を着けたくなります。

自分の中では、清々しい空気の色ではありません・・・。

 

水や食べ物であれば、嫌な臭いがしたり嫌な味がするものを、意識的に飲んだり食べたりしない、という選択ができます。

しかし空気の場合は、余程ひどい場合でない限りなかなかうまくいきません。

なぜなら、空気は水や食べ物と違い、“常に摂取し続けなければならない”からです。

いくら嫌でも、3分と呼吸を止めることはできません。

ましてや、多くの人にとって、少し気になる程度、あるいは我慢できる程度であれば、自分だけがその場を離れることはなかなかできません。

なぜなら、シックハウスや化学物質に対する理解のある人でない限り、そのような行為は

“わがままな行為”、“自分勝手な行為”

に映るからです。

※関連記事は、ブログカテゴリー:どうしてもお伝えしたい!の中の、「シックハウス これだけは知っていただきたい!」をご参照下さい。

 

室内の建材臭や化学物質濃度は、使用する材料や工法の選択により最初から低く抑えることができます。

しかし、F☆☆☆☆認定を受けている建材も、臭いの強さや化学物質の放散量など、その性能は様々です。

パンフレットやカタログ、ネット情報だけでは、材料の臭い、施工後の臭い、完成後の室内の化学物質濃度は分かりません。

建材サンプルを取り寄せたり、モデルルーム、完成見学会への参加など、ご自分の「鼻」で体験するとともに、施工物件の室内空気測定データ(特にTVOC:総揮発性有機化合物量)をチェックすることもシックハウス対策、化学物質対策の一つになります。

※最近では、臭いの強い化学物質から臭いの少ない化学物質へと使用材料をシフトしているメーカーが多く、一概に臭いだけが判断基準にはなりませんが・・・。具体例は、次回から紹介する「シックスクール事例」をご覧下さい。

 

自宅の空気環境は、自分自身で作り上げることができます。

各家庭で自衛することがとても大切です。

是非、有害な化学物質の少ない空間造りを意識してください。

筆者が個人的に、抗酸化リバース工法で実現したいことを紹介しています。

カテゴリー → 「スタッフのつぶやき」 OR 「抗酸化リバース工法」