イベント

昨日から開催されている中小企業展の続報です。

dscn2431

 

「1mmのストーブ」シリーズは現在開発中の商品も多数あり、

順次皆様にご紹介していく予定です。

どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。

 

さて、1日遅れてしまいましたが、

「1mmのストーブ」内蔵 遠赤外線足置きヒーターの発売記念価格をお知らせします。

種類は2種類で、

下のタイプA、

タイプA

タイプA

常価格¥24,990.を、2割引の¥19,990.にてご提供いたします。

 

もう1種類、下のタイプB、

タイプB

タイプB

 通常価格¥17,640.を、2割引の¥14,110.にてご提供いたします。

どちらも税込価格です。※送料、決済手数料は別途ご負担となります。

割引期間は来週の木曜日、11月12日お申込分までとなりますので、

皆様是非ご利用下さい。

 

おじいちゃま、おばあちゃまへの温かい贈り物として、

お母さんへの温かい贈り物として、

受験生への温かい贈り物として、

彼女への温かい贈り物として、

クリスマスやお誕生日のプレゼントとして、

寒いこれからの季節、送って喜ばれる贈り物になること間違いなしです。

商品は11月30日以降順次発送いたします。

 

イメージ

イメージ

なお、クリスマスプレゼント、誕生日プレゼントでご利用の場合、

年内に限り、到着日指定でのお受け取り(無料)、

プレゼントラッピング(¥315)のご要望を承ります。

併せてご利用下さい。

 

商品のご注文、ご予約は下記までどうぞ ↓

電話:03-3498-0092

株式会社 エイムデザイン研究所 住環境事業部

 

※なお、明日まで展示会ですので、皆様へのご連絡は来週以降になります。

 ご迷惑をお掛けいたしますがご了承下さい。

11月4日(水)~6日(近)、東京ビッグサイトで開催される

「中小企業展2009 IN TOKYO」に出展いたします。

今回のテーマは、

“体を温めることで健康な日常生活を送ろう”で、

このテーマに則した“カラダあたため商品”を出展いたします。

出展ブースは東2ホール P-25,27,29です。

出展商品は以下の通りです。

 

① 「1mmのストーブ」関連商品

・遠赤外線足置きヒーター(足温器)

 これからの寒い季節、ご家庭でも職場でも足元の寒さ対策は必須です。

足先の冷えは体の冷えにも繋がり、仕事や勉強の効率も上がりません。

足先を優しくあたためる足元ヒーターはこんな季節の必須アイテムです。

展示会ではゆっくりご体験いただけます。

また、期間限定で発売記念の特別価格もご用意しています。

大切な方のプレゼントにいかがですか?

価格、特別価格のご案内は、11月4日の展示会開催日に

ブログでご案内します。

タイプA

タイプA

タイプB

タイプB

 

 

 

・遠赤外線ヒーター内蔵の腰壁暖房

洗面やトイレ、玄関の他、リビングやダイニングキッチン、子供部屋など、

どこにでも簡単に取り付けられる、リフォームに最適な商品です。

・床暖房や壁暖房にしようと思うと、工事費用が大変!

・工事日数も何日もかかるので大変!

そんな従来の方法に比べ、

今回展示する腰壁暖房は

簡単取付で、しかも工期が短い!

という特徴があります。

是非ご覧になって下さい。

900タイプ

900タイプ

1350タイプ

1350タイプ

OEM開発や共同開発のご相談も受け付けておりますので、

興味のある方は是非お立ち寄り下さい。 

 

 

 

② パーソナル陶板浴『憩い IKOI』関連

体を温め体温を上げることが健康によい、ということは今や多くの人がご存じです。

パーソナル陶板浴『憩い IKOI』は 

ご家庭や職場でより効率的に体を温めるツールとして開発されました。

遠赤外線ヒーターにより温められた陶板タイルの上に寝ることで、

血行を促進し体が芯から温まります

低体温、冷え性、凝り性、倦怠感の強い方などには、

是非一度ご体験いただきたい商品です。

展示会では無料体験していただけます。

さらに、IKOIを導入されている内臓指圧の先生をお招きし、

陶板浴効果+指圧効果の相乗効果をご体験いただけます。

早い者順ですので、お時間のある方はぜひお越しください。

ベッドタイプの他に、ベンチタイプチェアタイプも参考出展します。

ベースタイプ

ベースタイプ

引出付きタイプ

引出付きタイプ

特注天蓋タイプ

特注天蓋タイプ

特注ソファタイプ

特注ソファタイプ

使用イメージ

使用イメージ

 

この他、皆様おなじみの抗酸化リバース工法説明会、

抗酸化リバース商品の展示もしています。

 

健康で快適な住環境作りには、熱環境の工夫も欠かせません。

私達の開発商品を是非一度ご体験下さい。

多くの皆様のご来場をお待ちいたしております。

※展示会の様子は随時更新します。

2009年7月8日~7月10日に開催された

「第1回国際オフィス家具EXPO」

この展示会で当社が展示した新商品と展示会ブースをご紹介します。

展示会期間中には多くの来場者にお越しいただき、大変好評でした。

ご来場いただきました皆様には、厚く御礼申し上げます。 

 

【出展商品の紹介】

超極薄遠赤外線ヒーター「1mmのストーブ」内蔵シリーズ

【製品紹介】

「1mmのストーブ」は、厚さ0.1mmのカーボン和紙面状発熱体を内蔵したヒーターで、

風なし・ホコリなし・乾燥なし&軽量・薄型・省電力という特徴を持っています。

また、遠赤外線が体の表面を素早く温め、血液の循環を促進することで、体の深部までしっかり温めます。

 

ヒーターの仕上面に木材を使うことで優しい風合いを醸し出しており、

ご来場いただいた皆様からも、

「天然木のヒーターなんて見たことない!」

「やっと和室に合うヒーターを見つけた!」

「家具屋に置いても大丈夫なヒーターだ!」

と、嬉しい感想をいただきました。

 

「1mmのストーブ」シリーズは室内全体を温める暖房装置ではなく、エアコンなどの主暖房でで暖まりきらない場所(窓下や出入口付近、テーブル下や足元)を暖めるための補助暖房としてご利用いただき、いつも近くに置いていただきたい商品です。

 

リビングや寝室の他、トイレや洗面所、キッチンの足元、窓際、テーブル下など、

「もう少し暖かくしたかった」場所を、まるで陽だまりのような暖かさで包み込みます。

木製遠赤外線ヒーター 横置き型

木製遠赤外線ヒーター 横置型

 

木製遠赤外線ヒーター 縦置き型

木製遠赤外線ヒーター 縦置型

 

木製遠赤外線ヒーター 足置き型

木製遠赤外線ヒーター 足置型

 

木製遠赤外線ヒーター 壁掛け型

木製遠赤外線ヒーター 壁掛型

あったかマウスパッド

あったかマウスパッド

 

 

 

 

 

上記商品の他に、机やテーブルの下に貼り付けるタイプの商品や

腰壁内蔵タイプの商品もご用意しています。

特に腰壁内蔵タイプは、ヒートショック対策に有効な商品として、

高齢者の住まわれている住宅やアパート、マンション、老人施設、病院、介護施設

などの関係者から高い評価をいただきました。

腰壁暖房ユニット(900mm×900mm)

腰壁暖房ユニット(900mm×900mm)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各商品の発売は、9月末を予定しています。

商品価格・仕様につきましては、後日、新設する商品ページにてご案内いたします。

 

【展示会ブースの様子】

dscn2004

通路からの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1mmストーブのパネル

1mmストーブのパネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示ブースには、抗酸化リバースコートを塗布しました。

弊社のロゴカラーをイメージして、リバースコートを深緑、薄緑に着色し、仕上げています。

展示会場内は接着剤や塗料の臭いがかなりしましたが、リバースコートを塗布した弊社ブースは、そのような臭いが一切ありませんでした。

1mmヒーター展示の様子

1mmヒーター展示の様子

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横置型は特に好評でした

横置型は特に好評でした

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【同時出展:パーソナル抗酸化陶板浴 暖だんベッド】
 
下の画像は、同時出展したパーソナル抗酸化陶板浴「暖だんベッド」(オプションの天蓋付き)です。
 
 
陶板ベッド 正面

陶板ベッド 正面

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
e69e95e58583400
  
  
抗酸化リバース溶液を配合した漆喰タイルを、遠赤外線放射率93%以上のカーボン和紙面上帯で暖めることで、血行を促進し体を効率的に温めます。
 
近年、体温の低下が様々な疾病に何らかの係わりがあるとして注目を浴びています。
 
パーソナル抗酸化陶板浴ベッド「暖だんベッド」は、効率良く体を温めることで、皆様の健康的な日常生活をバックアップします。
 
最近病気がち、冷え性、何となくだるい、疲れやすい、肩こりがひどい、便秘、ストレス、肉体疲労・・・。
 
このような悩みをお持ちの方に、是非体験していただきたい商品です。
「暖だんベッド」は、基本となるベースタイプ、引き出し付きタイプに、オプションのソファユニット、天蓋ユニットを組み合わせることが可能ですので、
ご家庭用はもちろん、商業施設、ホテル、病院、老人施設、介護施設等でもご利用いただけます。

引き出し付きタイプ

引き出し付きタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソファーユニット追加タイプ

ソファーユニット追加タイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考:抗酸化素材の体温上昇効果検証】
 
下の画像は、抗酸化素材の体温上昇効果をサーモグラフィーで撮影したものです。
 
抗酸化繊維の上に手を置くだけで、
開始5分後には最高温度、全体のアベレージ温度が大きく上昇しています。
 
 
抗酸化繊維 測定開始時

抗酸化繊維 測定開始時

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5分後

5分後

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
同じ実験を抗酸化処理されていない繊維で行いましたが、
 
抗酸化繊維ほど、温度はほとんど上昇しませんでした。
 
普通の繊維 開始時

普通の繊維 開始時

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5分後

5分後

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 【展示ブースの様子】
暖だんベッドの体験中

暖だんベッドの体験中

ベッドの他、リバース商品も展示しました

ベッドの他、リバース商品も展示しました

 

 

 

 

 

 

 

 

抗酸化陶板浴に通っているお客様も体験されました。

そして一言

「気持ちいい・・・」

その一言がとても嬉しかったです。

 

「1mmのヒーター」に関するお問い合せと、「暖だんベッド」に関するお問い合せ先は

株式会社 エイムデザイン研究所 住環境事業部

03-3498-0092

まで、お気軽にどうぞ。

※「暖だんベッド」は、弊社にて無料体験していただけます(要電話予約)。

お気軽にお問い合せ下さい。

いよいよオフィス家具EXPOが開幕しました。

初日の今日、開場と同時に多くのお客様にご来場いただきました。

皆様、誠にありがとうございます。

 

当社の出展している「1mmのストーブ」シリーズは、

他の出展企業様とはカテゴリーが違うためか、

マスコミ関係の方も取材に来ていただきました。

 

ブース前に、「今すぐタッチ!!」という案内があります。

タッチされた方のほとんどが、その熱を感じていただき、興味をお持ちいただきました。

 

木の暖かさをイメージしたスポットヒーターを展示しているほか、

商品の共同開発、OEM開発などのご案内もさせていただいております。

 

明日、明後日の二日間、10時から18時まで展示会が開催されていますので、

興味をお持ちいただいた方は是非お越し下さい。

 

同時出展のパーソナル抗酸化陶板浴ベッドも、リゾートチックな天蓋付きで展示しています。

無料で体験していただけますので、お立ち寄り下さい。

 

明日もまた頑張ります。

当社が新商品を出展する

第1回 国際オフィス家具EXPOが、いよいよ明日開幕します。

 

弊社の出展する新商品は

①超薄型遠赤外線ヒーターを内蔵した「1mmのストーブ」シリーズ

②パーソナル抗酸化陶板浴ベッド

③抗酸化リバース商品各種

です。

 

「1mmのストーブって何!?」と思われる方、お時間があれば是非ご来場下さい。

薄型・軽量・省電力の特徴を活かして、補助暖房・スポット暖房として様々な用途にご利用いただくようご提案しています。

詳細は展示会後にアップいたします。

 

パーソナル抗酸化陶板浴ベッドも、とても良い仕上がりの商品になりました。

ご家庭や各種治療院、病院、老人施設にはもちろん、天蓋のオプションをつければ、エステやリゾートホテルにおいても素敵なアイテムになっています。

 

展示会の開催期間は7月8日(水)~10日(金) 10:00~18:00

弊社ブースは「B1-37」で、東第1ホールの右奥の突き当たりになります。

深い緑の壁が目印になります。

お時間のある方、是非お立ち寄り下さい。

抗酸化リバース工法の開発元である(株)リバースジャパンが設立一周年を迎えました。

その記念として7月4日(土)東京ビックサイトにて記念講演会が開催されます。

 

記念講演会の講師には、5月2日に日本テレビで放映された

「世界一受けたい授業」 http://www.ntv.co.jp/sekaju/teacher/index.html

に「空気の汚れを知り尽くした男」として出演された、

新潟大学大学院教授の赤林伸一先生をお招きし、

「室内空気環境の重要性とリバース工法の研究について」

というテーマでお話しをしていただきます。

 

赤林教授の研究室

(新潟大学大学院 自然科学研究科 赤林研究室 http://tkkankyo.eng.niigata-u.ac.jp/top.html

では現在、抗酸化リバース工法の研究をしていただいていますので、

空気環境の専門家によるリバース工法の研究評価をお聞きいただけます。

 

また、建築物が健康に与える悪影響について多くの専門家が集まり研究している

日本建築医学協会(http://www.architectural-medicine.jp/index.html

で運営委員長をされている井上祐宏氏にも、

「建築医学の重要性」というテーマでお話しをいただきます。

人々が健康で快適な日常生活を継続するためには、

安全・健康な住環境の確保が必要である、と考える同協会も、

抗酸化リバース工法の技術にご賛同をいただいていおります。

 

 この他、

抗酸化リバース溶液の開発者である

(株)リバースジャパン代表取締役 熊木春実氏より、

抗酸化リバース工法及び抗酸化陶板浴についての説明、

また、

リバース工法の家に居住されているお施主様や

抗酸化陶板浴を利用されているお客様より、

それぞれ体験発表をしていただく予定です。

お客様がご自身の体験に基づき話される事柄を直接お聞きいただくことは、

リバース工法や陶板浴に興味をお持ちいただいている方にとってもよい機会になると思います。

 

安全・健康な住環境をお探しのお客様、

安全・健康な住環境を“お客様に提供したい!”と考えている建築業者の方、

安全・安心な住環境、教育環境、公共施設を確保したいと考える自治体関係者の方、

建物と健康の関連について危惧されている医学関係の方、

社会に有益な情報を発信されている報道関係の方、

上記の様な考えをお持ちで、尚且つ当ブログをご愛読いただいている方の中で、

もし講演会への参加を希望される方がみえましたら、下記までお問い合せ下さい。

エイムデザイン研究所 住環境事業部 

電話 : 03-3498-0092   FAX : 03-3498-5977

メール:  href=”mailto:kousanka@aim-d.jp”>kousanka@aim-d.jp

 担当 :野瀬

※限れれた席数の講演会ですので、お早めにご連絡下さい。

 

【開催概要】

開催日時:平成21年7月4日(土) 13:30~17:00

開催場所:東京ビッグサイト 101会議室

講師及び講演内容:

  新潟大学大学院自然科学研究科教授 赤林伸一氏

  テーマ 「室内空気環境の重要性とリバース工法の研究について」

  日本建築医学協会 運営委員長 井上祐宏氏

  テーマ 「建築医学の重要性」

  他、(株)リバースジャパン 代表取締役 熊木春実、体験談発表者数名

参加費用:2,000円

なお、懇親会を同日17:15~19:00、東京ビッグサイト内で開催予定です。

懇親会会費:7,000円

 

なお、講演の内容は後日当ブログにてお伝えいたします。

3月12日(木)に、東京ビッグサイトで開催されている「健康博覧会2009」に行ってきました。

時間がなく1時間しかいなかったので、ざっと見渡す程度でしたが、感じたことを簡単にご報告します。

主に拝見したのは、東5ホール、6ホールでしたが、こちらは健康機器や癒しグッズなどのハードが中心です。

先ず目立ったのは、酸素カプセルの多さ!

高価なものから廉価なものまで、非常に多くの機器が出展されていました。各社のスタッフは、ライバルだらけの中でも一生懸命PR活動をされていました。

「競合する会社が多くて大変ですね」、と声を掛けたら、「本当に大変です」とのこと。本音でしょうね・・・

しかし、今年も酸素ブームは続きそうなので、みなさん頑張ってください。

 

次に目立ったのが、ズバリ「水素水」!!

昨年も多かったのですが、某大学の教授が「水素水は身体によい!!」、と発表してから更に勢いを増しているようです。

そこら中に、水素水のブースが出ていました。

酸素カプセル同様、ライバルがたくさんいるようですが、皆さん頑張ってください。

 

メタボ対策、美容、ダイエット関連には、あいかわらず多くの出展者がいましたが、メタボ対策については昨年の方が多かったような気もします。自分自身メタボですが、ランニングを始めたら少し痩せ始めました。お世話にならなくてもよさそうなのでメタボゾーン、ダイエットゾーンはスルーしました。

あ、そういえば美味しいダイエット茶をいただきました。

ごちそうさまです。

 

昨年まで多かった岩盤浴関係のグッズは、大幅に出展数が減ったようです。岩盤ベッドや足湯を合わせても10数社しかなかったのではないでしょうか。

岩盤浴ブームは本格的に終わったのかも知れませんね。

抗酸化陶板浴の施設には、ブームに関係なく多くのお客様がみえているそうです。金額が安いこともありますが、必要としている方が多い証拠でしょうね。

抗酸化陶板浴については、近々お知らせもあります。どうぞお楽しみに。

 

健康博に話を戻します。

東2ホール、3ホールはヘルスフードが中心でした。

しかし時間がなくて全く試食ができませんでした。

いろいろ種類があったのに、とっても残念です。ほんとに残念。

食べたいもの、飲みたいもの、たくさんありました。重ね重ね残念です。(食べのもに食いつきすぎ!?)

 

全体の感想として、出展者数も来場者数も少なかったように感じるのは、時間が遅かったせいもあるのでしょうか。「活気に溢れている!!」という感じではありませんでした。

不況の影響があるのかも知れませんね。

しかし、健康でいたいと思う人間の欲求は変わらないと思いますし、その欲求はより大きくなると思います。医療不安が高まる中、病気になりにくい生活環境や生活方法を、ソフト面でもハード面でも求める人々が益々増えるでしょう。

そういう意味では、必要以上に華美な商品がなくなり、日常的に利用しやすい商品が多く紹介されていた博覧会だったのかも知れません。